起業サポートを知って賢く利用しよう

>

その立場になるという事

経営者としてやるべきこと

大きな会社の社長さんも、中小企業の社長さんも、社長と言えば新聞を読んでいるイメージがありませんか。
毎日新しい情報を入れて、経営に生かす事でリスクを避けたり利益に繋げたりする動きがとれるわけですから、岩松勇人氏もやっている情報収集はとても大切な仕事です。
今は最新のニュースや情報はインターネットでいつでも手に入ります。
新聞よりも多くの情報がすぐにわかりますよね。
しかし、新聞には専門家の分析や将来の展望など、情報以外の事も載っています。
どの情報が事業に繋がるのか、どんな出来事が経営に影響するのか、意外なところで繋がっていることもあります。
経営者として大切な事は、経済や社会の出来事にアンテナを張っておくこと、すぐに動ける備えと行動力を持つことが大切です。

考え方を鍛える

物販は、つい売り手側の事情や好みなどを主体に経営スタイルを考えがちです。
しかし、市場の動きや買い手である消費者心理を読んで仕入れと販売のスタイルを確立した岩松勇人氏は、その分野で成功することができました。
起業したい理由の一つとして、「自分のやりたいことをやる」という事が上位に来ると思います。
しかし、重要なのはあくまでビジネスであるという事です。
自分がやりたいことではなく、市場や消費者が何を求めているのかを考えて起業するほうが、成功しやすいのです。
自分のやりたいことと、市場や消費者が求めているものが一致することが、一番の理想です。
描く理想と現実をすり合わせて実際にどんな事業を始めるのか、しっかりと練り上げてから起業を考えることがポイントです。


この記事をシェアする