起業サポートを知って賢く利用しよう

>

情報をくれる先

自治体の起業支援センター

各都道府県には創業支援センターという機関があります。
日本中どこでも起業できる、頼もしい味方ですね。
それぞれの地域によって特色はありますが、少なくとも自分が会社を始める地域の自治体の情報は掴んでおいたほうがよいでしょう。
起業したい私たちにとっては便利ですし、助かりますが、自治体としては、自分の地域で起業してもらい、利益が出れば法人税が入ります。
お互いにとって良い関係が築けるわけです。
また、事業内容に合った土地で起業するという方法もあります。
例えば、新種のジャガイモを生産したいから北海道で起業する、ネットで起業するのに立地にはこだわらないので、物価の安い地方で会社を始める、といったことです。
今あるもので、今いるところで、と限定してしまわずに、いろいろな可能性を考えてみましょう。

起業支援ビジネス

民間でも起業を支援している企業があります。
岩松氏のコンサルティングに代表されるように、様々な人が起業支援を行っています。
多くの人は、会社経営にかかわった経歴があったり、必要な知識や経験の専門家であるようです。
サポートという形で、それぞれの角度から起業について指南してくれます。
また、彼らも本業があって、その上で起業支援を行っているわけですから、副業として起業しているわけですね。
つまり、経験者でもあるわけです。
もちろん、副業ではなく本業として、起業家を応援したい、増やしたいと考えている人も多くいます。
単なるノウハウだけではなく、困ったときには相談に乗ってくれる人と出会えると、起業がスムーズにいきますね。


この記事をシェアする