起業サポートを知って賢く利用しよう

起業サポートとは?岩松勇人が教える概要と押さえておきたいポイント

起業をサポートしてもらうということは

起業サポートと一言で言っても、イメージとして起業する人のサポートは何となく想像つくでしょう。 でも具体的にサポートするとはどういうことなのでしょう。そもそもサポートはどこまでの範囲の行為をいうのでしょう。起業サポートするということについて調査しました。

独立するということと委託されるということ

全部自分で始める独立と、大型企業などから受けるフランチャイズなどの委託とでは、起業の際の手続きやシステム、そして苦労も変わってきます。さらに起業サポートの面でも違いがあります。どんな違いなのか。独立と委託の違いについて起業という面からご紹介します。

起業サポートを金銭的に受けるということは

起業サポートを受けるとは、起業に関わる諸手続きのサポートを受けるということだけではありません。起業の際に生ずる諸経費などの運転資金について融資を受ける、いわゆる起業サポートを金銭的に受けるということもあります。融資を受けるという場合における注意点などを調べてみました。

サポートとはどういうことか

何か事業を始める場合、その事業が利益を伴うもので反復継続して行うという場合には、事業を業として立ち上げることになるでしょう。業を起こす、すなわち起業ということです。起業するということは、起業した人の責任によって事業が行われ、その対価として金銭が払われますが、このように簡単に説明すれば、何だか起業って簡単で単純に見えるでしょう。
しかし、起業するということはとても大変なことです。事業が安定するまでの運転資金を準備したり、広告宣伝や人件費、何か使うのであればその使用料金や材料費も必要です。こうした金銭的な問題だけではありません。その事業が何か法律に抵触する部分があれば、事前の届出などの申請も必要になります。もちろん資格取得も忘れてはいけません。更には関係団体への加盟や登録といった諸手続きも必要になる場合があるでしょう。これらの全てを熟知しているならともかく、大抵の方は起業する場合に初めて行うというところではないでしょうか。初めて行う場合には、なにをどうするのか、流れを知っているというだけでなく、どういったことをどういった機関に提出し、なにを書くべきかという細かな手続きまで把握しておく必要があります。
ここまで広げてみれば大抵の方はウンザリしてしまいますね。中には起業する気持ちすら萎えてしまうという場合もあるでしょう。せっかく夢をもって起業しようと決心したのに、起業に際しての手続きに心砕かれてしまっては本末転倒ですね。起業サポートとは、こうした決心をサポートするということでもあるのです。自分の力で立ち上がろうとしている人に、立ち上がるまでのほんの少しだけ手を貸してあげる、それが起業サポートということです。